白日会関西支部について

白日会は1924年(大正13年)当時の洋画壇に一石を投じようと、会派を越えて自由に出品できる場として中沢弘光らによって設立されました。 現在も、その設立当初の自由な気風のもと、様々な様式の写実を互いに切磋琢磨し探求する美術団体として活動しています。

 

第一回展は会員のみの作品発表でありましたが、第二回展より公募制となり「若い力」と生涯を通して美術を勉強していく 「姿勢」「気持ち」を大切に考える美術団体として、写実を真摯に探求する画家等に広く門戸を開いています。

 

白日会関西支部は、この趣旨に賛同し、日々研鑽し「白日会展」への作品発表を行うものの団体として活動しています。

【 組織 】

 

本会は関西(大阪、京都、滋賀、奈良、兵庫、和歌山)に在住する白日会会員、準会員、会友、一般出品者をもって構成する。

【 目的 】

 

本会は白日会の主旨を遵守し、白日会の発展に寄与するとともに、支部員の研究研鑽と相互の親睦を図ることを目的とする。

【 主な活動 】

 

・白日会巡回展(白日会関西展)

・関西支部展

・金烏の会展



【 役員 】

支部長    児玉 健二 

副支部長   堀井 聰 ・前芝 武史 ・志水 和司

事務局    三箇 大介